初めて執筆をしました

この度, ご縁があって「WEB+DB PRESS Vol.105」の Firebase 特集の 第 2 章を執筆させていただいたので, その感想などを残しておきます.

きっかけ

きっかけは所属する会社からの経由で, 技術評論社様より Firebase 特集の執筆依頼を受けたので, 過去に Firebase に関連するディベロッパーズブログを公開したというだけで執筆候補に選ばれました. そして, あまり深く考えず, 滅多にない機会だからという理由で引き受けました. 私は, この依頼を受けるまで, 技術雑誌や書籍は, その技術のスペシャリストであったり, 有名であったり, フォロワー数の多いエンジニアが執筆するものだと思っていました (もちろん, そういう方のほうが, 依頼の確率は高いでしょう). 私は, 別に Firebase に関して詳しいわけではなく, ちょこっと業務で使ったというレベルでした. したがって, 執筆の依頼をいただけるかは, 正直, 運や縁なのかなぁーと今回の執筆を振り返って思いました.

執筆業

以下は, 実際に執筆してみて大変だったことです.

  • Firebase 初心者が対象だったので, その視点で執筆する
  • 雑誌なので, 分量調整が意外と大変
  • ちょっと長いコードになるとすぐに改行しないといけない
  • 2 人で執筆したので, 説明の粒度や文章のクセなどを統一する必要があった
  • 通常業務追い込みと執筆の追い込みが重なって死にそうな週があった

… などでしょうか. 私は, ニート時代に WEB SOUNDER という Web Audio API の解説サイトを制作して意外と好評を得た経験があるのですが, Web はその性質上, 分量調整など細かいことに気を配る必要はあまりないですが, やはり, 雑誌という媒体上, 分量調整は想定してた以上に大変でした.

結論

正直, 報酬だけを目当てにするならやらないほうがいいと思います (笑). そうではなく, 1 つのアウトプットの機会ととらえたり, そのアウトプットをより多くの人に読んだいただいたり, また, 執筆をとおして, 業務では会うことのない方と仕事をしたり … そういったことに醍醐味があるような気がします. また, 執筆をしたいかと問われたら, 答えは YES です (できれば, Web Audio API の書籍がいいですね) !

明日, 2018 年 6 月 23 日 (土) 発売です. 少しでも多くの人が, Firebase にふれる機会になればと思います.